2010年12月28日

十分街にて

101124 十分街に入る下り列車台湾国鉄平渓線、終点菁桐駅から商店立ち並ぶ中を列車が通過するので有名な十分駅に戻り散策と撮影をします。列車からガイドに連れられた団体客が一緒に降りてしばらく賑わっていた十分の街も、やがてのんびりとした雰囲気に戻ります。やがて一瞬の晴れ間の中、下り列車が十分街に入ってきました。

101124 十分街を進む列車の後ろ姿振り返って街中を進む後ろ姿も撮影します。車内は平日にもかかわらずかなりのお客さんが乗っていて、列車の後ろ正面には流れる車窓を撮影する人たちの姿が見えました。台湾が鉄道ブームとは聞いていましたが、確かに本物のようです。

101124 炭礦跡の線路を歩くネコオマケにもう一枚、かつての炭礦への引き込み線を歩くネコです。この先には炭礦博物館があってトロッコ列車も動いているらしいのですが、あまり時間がないので今回は訪問を見送りました。
posted by タケシ at 22:15| Comment(0) | Train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする