2010年12月22日

台東線200次普快車〜台東駅

101123  台東駅で発車を待つ200次普快車列車今回の台湾旅行では、本日のダイヤ改正で廃止になった台東線の旧型客車列車に乗ってきました。台東駅を朝6時58分に発車、途中自強車(特急)列車に抜かされたり反対列車とのすれ違いを待ちながら北上、花蓮駅に10時58分に到着する約4時間の旅です。まずは台東駅で発車を待つ姿から。米ロコR150形ディーゼル機関車が青く塗られた非冷房の旧型客車3両を引っ張ります。今回は先頭がデッキ付きの日本製、後ろ2両が両開きの自動扉を備えたインド製客車でした。

101123 発車直前のSPK32609車内もちろん乗車したのは旧型客車らしさに優る日本製のSPK32000形の方です。後で調べたらこの車両は東急車輌製のようですね。7時前ですがご覧の通り発車直前の車内はそれなりの乗車率でした。
posted by タケシ at 23:47| Comment(0) | Train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント